事務所の移転で経費を節減する

事務所の経費は固定費として負担が大きいものです。保証金と賃料と管理費があります。保証金は退去する際に返還されるものではありますが、無利息で資金が固定化されますので、その負担は小さくありません。最近では保証金を大幅に減額して入居者を確保する賃貸事務所が多数ありますので、そのようなとろこへ移転すれば、戻ってくる保証金よりも少ない保証金の差入で入居が可能です。賃料も値下げに踏み切っている賃貸事務所があります。特に都心では大型のビルの建設が相次いだために、賃貸事務所が供給過多になっており、入居者を確保するために賃料の値下げが行われています。管理費も削減の余地があります。事務所の周辺に駐車場を借りている場合には、その賃料の削減も経費の圧縮になります。事務所の移転には引越しにかかる経費もありますが、それは一時的な費用です。賃料などは長期間の固定費になりますので、それを削減することは経営に大きなプラスになります。